自転車屋がオススメする新中学生の通学用自転車とオススメする理由

   

Pocket

 

もう気がつけば3月も半ば。

 

もうすぐ小学校では卒業式ですね。

 

そして次は中学生です。

 

来月から中学校へ自転車で通われる方々にオススメしたい通学用の自転車があります。

 

自転車屋がオススメする車種やオススメする理由を、ご紹介させていただきます。

 

自転車通学の際に気をつけるべきポイント

 

自転車選びをする前に、まず通学路に潜む危険をお話させていただきます。

 

まずは通学路のアスファルト

アスファルトは、常に平らで綺麗に舗装されているわけではありません。

段差があったり、裂け目があったり、石や砂があったりなど。

そこを自転車で走り抜けると、ガタガタと衝撃がくるわけです。

その衝撃の影響真っ先にを受けるのがタイヤ。

そこからホイール、フレーム、サドルと伝わり、運転者に響くのです。

さらに通学の際は重たい荷物を荷台に載せることも多い。

そのため、タイヤが弱ければすぐにパンクすることもあり、ホイールやフレームが脆ければ折れることだってあります。

毎日乗るものだからこそ、妥協せずにトータルでいいものを選ぶべきです。

 

次に天候です。

自転車通学の方は、雨が降っても自転車に乗って通学することになります。

運転者はカッパを着て、体の濡れたところはタオルで拭いて風邪をひかないようにしますよね。

その際、自転車はどうなっているでしょう。

ちゃんと拭いてあげていますでしょうか。

拭いてあげていないとフレームやギア、チェーンなどが錆びてしまい、壊れやすくなってしまいます。

ただ、なかなか毎回拭いてあげるのは難しいと思います。

そこで、できるだけメンテナンスなどが少なく済む自転車を選ぶべきでしょう。

 

あとは下校時の明るさです。

夏場は日が沈むのも遅いので、部活が終わってから帰る際も明るいことが多いですが、春休み明けや冬休み前などはすぐ暗くなってしまいます。

そのため、皆さん必ずライトをつける必要があります。

もし自転車に着いているライトが手動で切り替えするものの場合だと、点け忘れによる無灯火運転になることもあります。

無灯火運転は事故などの危険が伴うため、今は厳しく取り締まられています。

そのため、ライトは明るさや自動で点灯するかどうかなども気にしながら選んだ方がいいでしょう。

 

さらに、気をつけておくべき心構えがあります。

 

自転車は、車と同じで自分の命を預ける乗り物です。

自転車通学とは、毎日自転車に命を預けるということ。

皆さんには、自分の命を安く見るような自転車を選んでいただきたくありません。

自転車そのもののトラブルで事故が起こることもあります。

そのトラブルがなるべく少なく済むものを選んでください。

 

自転車屋がオススメする通学用自転車

 

上記のポイントを押さえた上で、オススメの自転車を3台ご紹介させていただきます。

 

それぞれメーカーの違うこの3台。

これらに共通する項目は、

  • 頑丈なフレーム。
  • パンクしにくいタイヤ。
  • チェーンと違い、メンテナンスをほとんどする必要のないベルトドライブ。
  • 暗くなると自動で点灯する明るめのLEDライト。

上記の気をつけるべき点を全てクリアしている製品です。

通学用の自転車には、少なくともこれだけの機能性能があった方がいいでしょう。

 

ちなみに、これらのデメリットとしては、

  • 他の自転車より値段が高い(だいたい70,000円ほどする)
  • ベルトがもし切れた場合は、なかなか店舗に在庫がないためすぐに修理できないことがある。

値段が他の自転車よりも高いのは確かです。むしろ他の自転車が安いのは、上記のような機能性能が備えられていないためです。

ベルトが切れた場合は確かにすぐ修理できないこともありますが、錆びたり伸びたりしない分チェーンよりもかなり切れにくいです。むしろ今まで私はベルトが切れたのを見たことがありません。

 

安い自転車のメリットデメリット

 

今時、自転車はホームセンターでも売っています。

値段も10,000円ほどで購入することができます。

このような安い自転車のメリットは何か。

正直、安いだけです。

デメリットは、はっきり言って、安さ以外の全てです。

 

タイヤはすぐに摩耗しパンクする。リムが曲がる。フレームが曲がる。

 

これらは全て私の昔の実体験です。

某ホームセンターで購入した12,000円ほどの自転車に起こった出来事です。

命を預ける乗り物として考えると、非常に不安になりました。

 

普段の移動手段が主に車で、たまにしか自転車に乗らない方は安い自転車でもいいのかもしれません。

もちろん普段乗らなくてもメンテナンスをしていないと、すぐに故障することがありますが。

中学で自転車通学をしていると、高校でも自転車通学になることが多いです。

つまり、これから中学で自転車通学になる方には、最低6年間は毎日乗っても安心できる自転車を選んでいただきたい。

そして、自転車に乗り始めてから2ヶ月ほど経ったなら、なるべくお近くの自転車屋で初期メンテナンスをしてもらってください。

それだけでも安心と安全がかなり変わってきます。

 

今回の記事は、私の店で自転車を買ってくださいと言っているわけではありません。

ただただ気をつけていただきたいのです。

何か事故が起こってからでは遅いのです。

皆さん、自分の命を預けるなら、安心して預けられる乗り物にしましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
小野山 拓朗

小野山 拓朗

兵庫県養父市にて、自転車屋「サイクルランドようか」の二代目として修行中のアラサー。趣味は映画やアニメ鑑賞、読書、たまにカメラ。勉強も兼ねてロードバイクも始めました。今年の目標は10㎏痩せること。現在1㎏増です。

 - 未分類