この胸にぽっかり空いてしまった穴を埋めるためには☆ガンダムロス

   

Pocket

 

ここ最近、ブログの更新が止まってしまっていたたっくんです。

 

これには深い理由がありますん。

 

ありますん。

 

まぁ、ただの早めに訪れた5月病だと思います。

 

これからまた、なるべく毎日更新していきますので、よろしくお願いいたします。

 

最近、ある出来事により、胸に穴が開いてしまったような状態になっています。

 

辛いですね。

 

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズが終わってしまった

 

毎週楽しみにして見ていた作品。

 

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ

 

これがついに終わってしまいました。

 

全50話。

 

私は今、ガンダムロスに陥っています。

 

この穴を埋めるにはどうすればいいのだろうか。

 

そんなことを思いながら少し作品を振り返ってみる。

 

新しい主人公像が生まれた作品

 

この作品が始まった当初、新しいタイプの主人公でワクワクしていました。

 

私が知っているロボットアニメの主人公に多く描かれるのが以下である

 

  • 巻き込まれ型
    ある出来事に巻き込まれ、ロボットを操縦することになる。戦闘を繰り返していく中で葛藤し、成長していくタイプ。
    例:機動戦士ガンダム、新世紀エヴァンゲリオン など
  • ボーイミーツガール型
    ある日、一人の女の子と出会い、恋をし、その子を守るために戦っていくタイプ。
    例:交響詩篇エウレカセブン、機動新世紀ガンダムX など
  • 平和主義型
    人を殺したくはない。だが、自分が戦わないともっと多くの人が死ぬ。そんな葛藤を繰り返すタイプ。
    例:機動戦士ガンダムSEED、機動戦士ガンダムAGE など
  • 本能型
    自分のしたいようにする。他人の命令なんか聞かない。本能の赴くままに行動するタイプ
    例:マクロス7、創聖のアクエリオン など
  • 勇者型
    自分の命よりも地球の平和。まさに勇者。
    例:勇者王ガオガイガー など

 

オルフェンズの主人公三日月・オーガスは、どのタイプにも当てはまらなかった。

 

火星の民間警備会社に所属していた少年兵。

あまり感情を大きく動かすことはなく取り乱すこともないが、冷淡な人間というわけではない。仲間思いで情も深い。近しい仲間が傷つけられた際は相手に殺意を向けるほど激昂する。

自分で考え悩むことを放棄し、実の兄弟以上に信頼しているリーダーのオルガ・イツカに強く依存している。

戦闘時に敵への容赦や躊躇いは一切なし。確実にコックピットを狙い、敵の命乞いにも「うるさい」で済ませる。

話が進むにつれて、その心が少しずつ人間らしくなっていくが、その体は少しずつ人間離れしていく。

 

こんな主人公は見たことがなかった。

 

そして、主人公のあんな最後も見たことがなかった。

 

正直、この作品の後半の流れには賛否両論ありますが、私は好きです。

 

納得がいかないこともありますが、最後にホロッと涙がこぼれていました。

 

感動からなのか、安堵からなのか、寂しさからなのか。

 

それは私にもわかりませんが、非常に楽しめた作品でした。

 

この穴、どう埋めてくれよう。

 

同じ長井龍雪監督作品で穴を埋めよう

 

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの監督をされた、長井龍雪監督作品を見て、この穴を埋めようと思う。

 

その中でも私が好きな作品が2作品ある。

 

とらドラ!

 

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。

 

これらを見ることにしようと思う。

 

…と思ったらAmazonプライムにどっちも無いやんけ!

 

どうしたらええねん!

 

誰か素敵なアニメ作品を教えろください!

 

 

The following two tabs change content below.
小野山 拓朗

小野山 拓朗

兵庫県養父市にて、自転車屋「サイクルランドようか」の二代目として修行中のアラサー。趣味は映画やアニメ鑑賞、読書、たまにカメラ。勉強も兼ねてロードバイクも始めました。今年の目標は10㎏痩せること。現在1㎏増です。

 - アニメ