2017年マンガ大賞大賞受賞作品「響~小説家になる方法~」

   

Pocket

 

マンガ大賞。

 

過去、多くの作品が受賞し、ヒットしてきた。

 

ゴールデンカムイ。銀の匙。3月のライオン。テルマエ・ロマエ。ちはやふる。等々。

 

そして今年のマンガ大賞で大賞を受賞したのが

 

響 ~小説家になる方法~

 

今日、この作品をまとめ買いしてきました。

 

小説家をテーマにしたバクマン。みたいな話かと思ってた

 

以前、週刊少年ジャンプで連載していたバクマン。という作品をご存じだろうか。

 

DEATH NOTEの作者、大場つぐみ✕小畑健が描いた作品。

 

漫画家がどのような生活をし、どのような苦労をし、どのように成功していくのかを、あえて漫画化していた。

 

そんなリアルさを描いていた。

 

私は、純文学とかほとんど読んだことがないけど、このもそんなバクマン。みたいな作品なのかな~と思って読み始めた。

 

しかし、読み始めてすぐにその考えは消え去った。

 

この作品、思いの外ぶっ飛んでいた。

 

いや、世界観は何もぶっ飛んでいない。いたって普通の日本だ。

 

予想以上にキャラクターがぶっ飛んでいた。

 

かいつまんで説明すると。

 

初めましての不良上級生との最初のコミュニケーションが、小指を折ること。

手を出すなと注意されたので、当然のように足を出す。

やられたらしっかりやり返す。ただし場所は選ばない。

小説の批判は誰にでも平等に言う。相手がたとえ大物作家であっても。

 

そんな眼鏡美少女が主人公の作品です。

 

他にも、この主人公が好きで仕方ないもはやストーカーな幼なじみのイケメンくんや、大物作家の娘だけどぱっと見ギャルにしか見えない文芸部の部長など、個性豊かなキャラクターが集まっています。

 

おそらく、純文学をよく読む人ほど楽しめるのでしょうが、ほとんど読んだことのない私でも十分に楽しめる作品でした。

 

これから、この天才女子高生の主人公がどのように過激に文芸界をぶっ壊していくのかが非常に楽しみです。

 

現在、ビックコミック スペリオールにて連載中。

 

機動戦士ガンダム サンダーボルトや、岡崎に捧ぐなども連載中ですね。

 

現在、響は6巻まで発売中。7巻は8月に発売予定。

 

続きが気になって仕方ありません。

 

私も純文学に手を出してみようかと思います。

 

何から読んだらええねん。とりあえず太宰か!三島か!

 

誰か詳しい人、教えてください!

 

最近、マンガかライトノベルしか読んでいない私でも読みやすいやつを!

 

誰がオタクやねん!まだまだにわかオタクやわ!オタクヒエラルキーなめんな!

 

にわかオタク、明日90㎞走るってよ

 

そんな私ですが、明日、ロードバイクで90㎞走ってきます。

 

走りきれる自信なんて正直全くありません!

 

でも、どういう世界なのかを知っておく必要があるかと思いまして!

 

まだロードバイク初めて2ヶ月も経っていませんが、行ってきます!

 

目標は、なるべくみんなに置いて行かれないこと。

 

平均20㎞/hも出ないような気がするけど、頑張ってきます!

 

明日の一番の楽しみは美味しいご飯。

 

思考回路はデブまっしぐら。

 

たっくんでした。

 

 

The following two tabs change content below.
小野山 拓朗

小野山 拓朗

兵庫県養父市にて、自転車屋「サイクルランドようか」の二代目として修行中のアラサー。趣味は映画やアニメ鑑賞、読書、たまにカメラ。勉強も兼ねてロードバイクも始めました。今年の目標は10㎏痩せること。現在1㎏増です。

 - マンガ